news

お知らせ

皮膚を切らない眼瞼下垂手術

18.07.28

カテゴリ:医院からのお知らせ

日本人の眼瞼下垂では、ほとんどの場合に余剰皮膚があり、切除が必要になります。
このため皮膚を切開して手術を行うことが多いのですが、諸事情でどうしても皮膚を切開したくない場合には
まぶたの裏から行う眼瞼下垂手術があります。
結膜を切開し、瞼を上げる挙筋の短縮を行うものです。
腫れの程度は皮膚を切った場合と同様ですが、現状のまぶたの雰囲気を残すことが可能です。

顔面神経麻痺への美容注射モニターを募集しています。

18.07.18

カテゴリ:医院からのお知らせ

顔面神経麻痺は顔面神経という表情を作る神経が麻痺していることで、顔つきの左右差が出現してしまう病気です。
左右差が出ると奇異な表情に見えてしまうため、外出したくなくなることや、目が乾いて傷ついてしまうことがあり生活の質が大きく低下してしまいます。
当院では顔つきを治す手術を行っていますが、軽微な方々に対して美容注射の薬剤を使用して表情を治す試みを行いたいと思います。
写真使用許諾を頂ける方に、施術費用は無料で行います。
お困りの方はどうぞご相談ください。